頭金なしの住宅購入はアリか?

[`evernote` not found]
Pocket

home_002

出典www.city.komagane.nagano.jp

頭金なしの住宅購入はアリか?そんな内容の質問がありました。

【質問】

念願のマイホームを来年あたりで検討しています。正直なところ、頭金はほとんどないのですが、先日「フラット35」の融資上限を一時撤廃すると日経新聞に出ていました。これが確定すれば、わが家のマイホーム購入も実現します。まさにアベノミクスの恩恵だなあと思うのですが、実際に専門家からみてこのような判断というのは間違っているものでしょうか?大きな買い物なので一度アドバイスをいただきたいと思います。

—————————————————————————————————–

確かに「フラット35」の融資上限が撤廃されれば頭金をゼロにすることはできます。しかし貯蓄がゼロではそもそも家は買えません。なぜなら諸経費が必要だからです。

住宅購入に関わる税金、保険、登記費用、引っ越し費用など様々で住宅購入費用の1割ぐらいは想定しておきましょう。そしてこれらの費用の支払いには現金が必要なのです。

現状で住宅購入を考える場合は、頭金1割、諸費用1割のお金を準備しておくことが求められるということです。全体の予算が3,000万円であれば600万円は準備しておく必要があります。

たとえ融資上限が一時的に撤廃になった場合でも最低300万円は準備しておく必要がありますし、今後の生活を考えると住宅購入後に貯蓄がゼロになるのは不安ですよね。

こういった場合には、住宅購入を決める手順として、まずライフプランを作成し家計を見直します。住宅購入が優先順位として高いということであれば、家計全体のバランスを見直して貯蓄が出来る体質にしていきます。その上で住宅に生涯でどのぐらいの予算が出せるのか、月額いくらまでなら今後の暮らしに影響がでないのか検証していくことが重要です。

「借り入れ可能な住宅ローン」ではなく、「借りても安心な住宅ローン」をめざしましょう。