「女性のための市民建築大学」での基調講演で話した3つのこと

[`evernote` not found]
Pocket

info_005

今年で30年を迎えた「女性のための市民建築大学」で基調講演をさせていただきました。

タイトルは「かしこいくらしを実現するためのマネープラン」です。

大きく分けると3つのことについてお話をしました。

・ライフプラン

・マネープラン

・次世代に引き継ぐホームプラン

 

ライフプランでは、マイホームだけでなく人生全体の支出を考えることの大切さに始まり、

家族の笑顔のために使うお金ハピマネについてお話ししました。

人生の3大支出、マイホーム、教育費、老後資金に始まり、家族がこんなことにお金を使いたいと

思っていることを家族みんなが共有することから始めませんか?

そろそろ1年の終わりが近づいてきましたので、お正月にはこれからの1年間にどんなことに

お金を使いたいと考えているか家族みんなで発表することで、お互いの理解が深まります。

それができたら3年間、5年間、と長期のプランも披露するプレゼン大会に発展させましょう。

限られた予算の中で誰のプレゼンがみんなの笑顔につながるか競うのです。

採用の仕方も家族の特色があっていいのです。

長期で使えるお金を知ること、そしてどんなお金の使い方をしたいと家族がそれぞれ

思っているか知ること、家族でみんなが納得するお金の使い方をすることが大切です。

次回は2つめのマネープランについてお話しします。