スマホ証券で下がっても儲かる日本株ETF買えます。

[`evernote` not found]
Pocket

 

2017年1月4日より1万円からの取引が1千円からのアメリカ株(30銘柄)が買えるようになりました。

手数料は高いですが、やってみたいというアメリカ株初心者と資金がまだ少ない方にはいいかなと思います。

私は以前スマホ証券で試しに買ってみた銘柄に売却追加などをして4万円が44,937円になったところで

売却しました。売却する少し前に新たなポートフォリオでまとまった金額をネット証券で購入したからです。

約4ヶ月で利回り12.3%なのでまずまずです。

スマホ証券を使ってみた

さらに、新たなサービス「まるごと日本株」が2月13日からスタートしました。

3つの日本株ETFを1000円単位で売買できるようになりました。

こちらがメニュー画面で、日経平均が「上がったら儲かる」、「上がったら2倍儲かる」(ブル)、

「下がったら儲かる」(ベア)というETFがあります。

日経平均が上がると思うなら上二つから、自分の自信やリスク許容度によって買い、

下がると思えば、一番下のETFを買うといいのです。簡単すぎますか?

4タップだけです。

こちらが購入画面で購入方法はアメリカ株と同じです。

事前に入金して入れば、商品をタップして、金額をスクロールして選び、

「買う」をタップすると良いです。

ポップアップでもう一度「買う」か「やめる」か聞かれますので、

「買う」をタップすると完了です。

アメリカ株同様、中級者にはあまりオススメしません。

個別の株はまだやらないけど、投信よりも自分のタイミングで買ってみたい場合、

でも少額から試してみたいという場合には手数料はかかりますが、お試しとしては良いかと思います。

まるごと日本株 取引コスト(スプレッド)

買いの取引コスト:0%(恒久)
売りの取引コスト:2017年3月末までキャンペーンにつき0%
2017年4月よりスプレッド(基準価格×0.3%)

3月までは「買いも「売り」も手数料無料なので、試してみています。

日本株投資信託を保有していて、しばらく下がると思う時に一番下の

「下がったら儲かる」(ベア)を同額買うことで、ヘッジになり

資産が減ることを防ぐこともできます。

お客様目線で、スマホを使った取引や、ロボットアドバイザー(ロボアド)任せの資産運用など、

色々と実験をしながら、「未来の資産づくり」の可能性についてもお伝えしていきます。

ロボット負けたくないので戦いは挑みますが、お客様の資産が増えるなら喜んで白旗を上げ、

私はロボットの使いこなし方をお伝えすることを仕事にします。

お客様の資産が増える、お客様の家族みんなの笑顔が増える、それが私の仕事です。

資産運用のはじめの一歩、NISA、確定拠出年金(iDeCo)などに興味のある方

相談してみたい方はこちらからご連絡ください。

お問合せ