年利15%でふやす資産運用術

[`evernote` not found]
Pocket

「年利15%で確実にふえる」と言われたらどう思いますか?

「あやしい・・・」

と思いますよね?

私もそう思います。

お金の知識というのは、知っているか、知らないかで

あなたの人生が大きく変わることもあるのです。

資産運用をするのにも、通常よりもハイリスクなものを進めたりはしません。

プラットフォームと仕組みが違うのです。

「確定拠出年金個人型」って聞いたことがありますか?

金融機関に専用の口座を開設して、毎月積立をしながら運用をしていきます。

この制度を使うことで、少なくとも年利15%が確実に得られます。

公的年金だけでは安心した老後は厳しくなります。

自分で老後に向けての準備をすることが求められています。

確定拠出年金はいわゆる三階建て部分の年金です。

国民年金、厚生年金、その上にあるのが確定拠出年金や国民年金基金などです。

企業で導入されているところは「企業型」、企業型がない場合や個人事業主は

「個人型」に加入できます。

確定拠出年金を使うことの3つの大きな税制優遇メリットを挙げます。

  1. 毎月の掛け金を払った全額が所得控除の対象となり、確定申告すると一部戻ってくる
  2. 運用中の利益は非課税
  3. 受け取る時にも非課税枠がある

1. 毎月の掛け金を払った全額が所得控除の対象となり、確定申告すると一部戻ってくる

月々の掛け金が1万円で年間12万円を支払ったとします。課税所得が150万円の場合は、

年間の所得税・住民税の軽減効果は18,000円となります。

これだけでも、15%の運用利回りと同じ効果となります。

 

2. 運用中の利益は非課税

運用中にどれだけ利益がでても、利息をもらってもすべて非課税です。

そのため利益はすべて再投資にまわされ

効率的に資産をふやすことができます。

 

3. 受け取る時にも非課税枠がある

受取方法は3つあります。

①一時金としてまとめて受け取る

②年金形式で何年かにわたって受け取る

③一部を一時金として受け取り、残りを年金形式で受け取る

一時金として受け取る時には「退職所得控除」という優遇措置が受けられ、

年金形式で受け取る時には、「公的年金等控除」を差し引いて雑所得として計算されます。

 

民間の個人年金保険と比較すると、圧倒的に確定拠出年金個人型の方が節税効果が高いのです。

運用中の管理コストも個人で運用をするよりも低く抑えられます。

 

メリットばかりでデメリットはないのでしょうか?

ひとつあります。

原則として60歳まで引き出しができません。確実に老後資金にまわせる資金を

掛金とすることが大切です。

 

こんなにいいことづくめの確定拠出年金ですが、

利用者は、確定拠出年金個人型を利用できる方の0.4%にも満たないのです。

なぜ知らない人が多いのでしょうか?

儲からないものを金融機関はすすんで勧めてくれたりはしませんから。

大手金融機関をただただ信じている人には申し訳ないですが、

商売はそんなに甘くないですよ。

あなたにだって、家族を守るためには、負けられない戦いがそこにあるはずです。

竹川美奈子著

『金融機関が絶対教えたくない年利15%でふやす資産運用術』では

さらに具体的な確定拠出年金の利用法が学べます。

確定拠出年金の企業型・個人型を上手に活用して

将来の資産形成に役立てましょう。